読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も晴れ。

KAT-TUNとSnowManが好きです。

ジャニオタ社会人のオタ活スタイルについて

KAT-TUN SnowMan

なんか楽しそうなの見つけたのでやってみることにしました☆

書いていらっしゃる方のリンクを貼ろうかとも思ったのですが・・・

小心者なので気になる方は探してみてくださいです・・・。

あたしのよりもたくさん面白い記事が見つかるとおもいまーす。

 

担当:阿部亮平(SnowMan)

好き:深澤辰哉(SnowMan)

KAT-TUNも好きですが充電中のためとろ火なので今回は入れてません☆

 

 

▼雑誌を買う基準

基本的に買いません。

なぜなら、買っても見ないから。笑。

KAT-TUNにしろ、SnowManにしろ、好きになった当初は買うんです。

でも、読まない。ひどいときには本屋さんの袋に入ったまま・・・。

なので、もう買うのはやめました。

雑誌も結構高いので、読まないものを買うならハガキ買って単独こんさーとの要望出すー。

あ。でもどうしてもテキストが読みたいのは買います!

みょーじょーの10000字とかダンスクとか。

彼らの心情がわかるようなテキストは興味津々なので・・・。

でも、1冊。

数年前にに中丸氏ピンの表紙の雑誌(アイドル誌じゃないやつ)を5冊買って、自分自身「?」ってなったので。笑

わたし、雑誌に執着がまったくないらしいです・・・。

いや、わかりますよ。

売り上げが彼らの貢献になるってことは・・・わかりますよ・・・わかってますよ・・・ごめんね。(土下座)

 

 

▼CDを買う基準

KAT-TUN一択。

SnowManがデビューしたら二択。

通常盤、初回限定盤、ほかの盤もあれば。

各1枚ずつ。

それ以外は買いません。

ただ、KAT-TUNの場合、連続1位が危ういと聞いたりしたら・・・ちょっと買っちゃうかも・・・(意志の弱さ)

 

 

▼映像作品を買う基準

担当出演作品すべて。

でも、ドラマのDVDやブルーレイは担当が出てても買わないー。

 

 

▼現場に行く基準

担当が出ているコンサート・舞台・その他イベント。

多ステ派といえばそうなのかもしれないけど、(1回だけっていうのはないから)

大阪は全ステとかするけど、遠征なら行ったときに回数入るだけだし、

無理の無い程度に・・・かな。

いや、多少無理してでも自分が満足する程度に・・・かな。

バックについてるかついてないか・・・の賭けに出るとき以外は担当がいない現場には100%と言っても過言ではないほど行きません・・・。(出不精ゆえ)

 

番協に関しては悲しいので聞かないで・・・。(年齢制限)

 

 

▼遠征する基準

担当がいれば。どこにでも。

でも基本は東京より上には行った事がないので行きたくない・・・ひとりではこわひ。(小心者)

あと、本州を離れるのもこわひ・・・(昔、福岡で新幹線乗り遅れたとらうま)。

あ。でもね。舞台とかのロングラン公演の時の遠征は1回って決めてる。

ジャニワからちょっとそれも崩れつつあるけども・・・笑。

でも、交通費のこととかコスパとか、かつかつの生活を送りたくないからやっぱりこれからも1回にしたい。(あくまで希望)

でもその1回に、すべての予定とかを詰め込んで発散させるのがすき!

だから遠征だいすき!!

 

 

▼グッズを買う基準

担当コンサートで必ず買うのはうちわ・ポスター・ペンラの3点。

あとは、使用できるかどうか・・・を吟味して買います。

あてくし、限定品にも全然弱くないので(可愛げのなさ)結構、基準は高いかも・・・(あれ?低いっていうの?←)

でも舞台のステフォ・オリフォは絶対買う! 

すのの場合はステフォもクリアファイルも出たら買う!!

でも複数は買わないー。

・・・時と場合によってはあれだけど・・・ほら、千秋楽とか。あれ。ね。あれ。←

 

▼ジャニショで写真を買う基準

阿部くんは枚数が少ないので映りが良い悪いに限らず全買いしますー。

 

 

 

こうやって改めてみてみるとあれだね。あたし結構ゆるおただ!

いや、現場に行くだけが強火じゃないことはわかってるけども。

我慢が聞いてるうちはあたしなりにまだ趣味の範疇だと・・・。

いやね。

1回の舞台で遠征も何回もしたいし、できることなら何回でも阿部くんに会いたい!!

でもね。

むりなの。あたしの人生、阿部くんだけに捧げるわけにゃーいかねぇ。(だれ)

むしろ、阿部くんだけに捧げるとか言い出したら、誰か止めて。笑。(確かに)

 

でも、自分の基準というか、スタイルというか、

絶対譲れないものだけは譲らず、譲れるものは譲ってってしてたらこうなりました☆