今日も晴れ。

KAT-TUNとSnowManが好きです。

夢の空間クリエのおはなし。

去年の春頃。

なにを探していたのかは忘れましたが、チケ流をぼーっと眺めていると、

誤って目的とは違う場所を押してしまい、ふと見てみると。

 

「は?なんなの?この値段・・・」

 

と、あまりの高額取引に度肝を抜かれるページがありました。

でも当時はそんなの気にも留めずに「まっちがえたーん♪(ノーテンキ)」と

すぐさま元のページに戻って、目的のブツを眺めて満足していました。

・・・今思えば。あれはジャニーズ銀座の取引ページだったんだと思います。(気付くの遅)

 

そんなジュニア担ド新規のあたしが運よく今年のクリエに入ることができました・・・。

先に感想行っておきます。

 

・・・参った。もうむり。白旗。降参。

止まらないよ、愛しすぎて。

まさに、のーこんとろーるの境地。

 

かっこよかった・・・可愛かった・・・100万円あげたい。(宝くじ当たったら。)

 

レポなんて大そうなものはあたしの語彙力では到底むりなので。

ほんとに簡単な感想をば。

 

始まる前に、お友達とランチをしてたんですけど。

席に着いた途端、全部出ちゃいそうでした。(汚)

もうほんとにこんなに緊張するなんて・・・

トイレだってさっき行ったばかりなのに行きたいし、酸いも甘いも知り尽くした年齢のはずなのに(簡単に言えばBBA)きょろきょろして落ち着かないし・・・

だってね。だってね。狭いんだもん。ちょー狭いの。

 

通ってた高校の体育館より小さい・・・(何十年前の話)

 

そりゃそうだ。キャパ600人程度なんだもの。

そんなに前列でもないのにステージすぐそこだし。

あたしの席のちょっと前にお立ち台なるものだってあるし。

緊張しないわけねーし。小心者なんだから。(威張るな)

そんなこんなで、「吐く・・・吐く・・・うえっ」ってお友達に助けを求めていると・・・暗転。

 

ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃ。(お化け屋敷か)

 

 ZIGZAGLOVEの「キースエーンクラーイ」って出てきた6人が

ちょーーーーかっこいいの(号泣)

ちょっと実は泣いた。感動して泣いちゃった。

だってかっこいいし、近いし、何より舞台上にSnowManしかいないし(号泣)。

 

かっこいいよおおおおおおおおおおおおおお(ぐすん)・・・もうしんでもいい。

 

オープニングからそんな感じでもう大興奮なわけなんですが。

なんかあべくんがかっこいい毎に

「かっこいい・・・」「可愛い・・・」「うわん・・・」

と、心の声だだ漏れで一緒に入ってくれたお友達の腕を掴みまくってごめんなさい。(反省)

でも実は1回だけ、お友達じゃないほうの隣の女子の腕を間違えて掴んでしまいました。(土下座)

 

メンバー紹介ラップ!!楽しいね!!楽しかったね!!

C&R楽しい!!「あべちゃん!」「あべちゃん!」って。

またもその時のお立ち台にいたあべくんが、んまーーーーーーーーー可愛い!!

びっくりした。姉さん事件です。マジで恋する5秒前。MK5。

どうなってるの、ほんとに。これ。笑顔が可愛すぎて。ある意味凶器。

・・・可愛い・・・もう泣きたい。

 

その後も踊るし、回るし、6人ともめためたかっこよかった・・・。

ほんとにジュニアなの・・・あの子達・・・。

 

ZIGZAGLOVEから始まって、やっぱオトナだな。あたし。

ちょっと余裕持ててきたかな~なんてぶっこいてたら。

 

さっくんのソロの「蝶」で泡吹いて、

「FIRE BEAT」で頭爆発しました。

 

さっくんの「蝶」ね、最初っから色気ダダ漏れで圧倒されてたんだけど

やっぱりさっくんの魅力ってひとことでは言い表せなくて。

おばかキャラからどうなったらこんなに変われるの?ってくらいのダンスで。

健くんのこともただすきすき言ってただけじゃないんだなって思う。

あの子。すごくよく見てすぐに吸収してるよね。すごい。

でも・・・途中から阿部くんがバックで踊るからと思って阿部くん見てたら。

阿部くんもいろいろダダ漏れしてた・・・。しんだ。←

 

そんでへどばんはあかん・・・あべくんのへどばんはあかん・・・へどばんはちょっとむり・・・へどばんは反則・・・しかもフード被ってた・・・(ぶつぶつ・・・)

リア恋枠爆発する・・・!!!←

 

ほらあたしってもともと攻撃的な曲好きじゃないですか!(知らんがな)

FIRE BEATはまさにそれで「ぐずぐずしてんじゃねぇ」つって。

もう言われるがままにBeatだけ感じて盛り上がりました。

もうほんとにあの瞬間「今がすべてだろ」って感じ。最高。まじSnowMan。(は?)

 

阿部ちゃん先生のコーナーなんてほんと録画したかった!!

目に録画機能植えつけたかった!!

6人とも可愛かった・・・。(ため息)

阿部くんが問題を出して、スケッチブックに答えを書くのを後ろから見て回る阿部くんがなんかとっても好き。

ふっかとか「ねぇ!ね!これであってる?ねぇ!見て?」って阿部くんに言ったら

なんかしてる最中でも阿部くんちゃんと見に行ってあげてるし。

いつもは弟キャラなのに、ここぞとばかりに先生する阿部くん可愛い・・・

でもちょっとあたしも分数の問題危なかった・・・←

ところでふっかなんで阿部くんに頭「ばこーん」ってぶったたかれてたの?笑

あれなんでだっけ?くっそー忘れたー

 

桶ダンスの生着替えもなー

阿部くんがひーくんのTシャツ脱がしてた><

弟組!!可愛い!!

さっくんが阿部くんの腕見て「ごぼうみたい。」って言ったことに対して

阿部くんが「これでも腹筋太鼓で鍛えたんだよ・・・」って言ってたの可愛かったなー。

 

 

てか。去年のことはそこまで知らんのですけど。

SnowMan。

お歌が上手になってやいませんか?

なんかそこまで「え?」ってなることが無かった気がします。

阿部くんソロの「3.14」だってとてもステキでした。

あの曲、結構難しいと思うの。だってメロディーどんどん変わるし、早口だし。

なんせ歌詞が数字で覚えにくい。

でも数字に強い我らが理系美形最強男子阿部くんには余裕だったのかしら(激甘)。

ほんとまじ阿部。(それやめて)

 

阿部くん以外のソロで印象に残ったのはやはりだてさまかしら。

強火はやはり火力最大の強火でした。可愛いなーだてさま。

でもだてさまのいいところって亀のこと尊敬もしてるし、強火だけどちゃんと自分も持ってるというか。そゆとこすきすき。

 

あとあと、ノーマタが始まる前のひーくんのボイパが思っていた以上にすごくって。

中丸氏の後をいちばんに追うのはひーくん一択だと思います。

ひーくんあれって独学なのー?すごいよ!ほんと!まじ中丸!(ほめ言葉)

 

ふっかのソロもちょー可愛かったの!

「ふかざーわかわいいかーい?」「かわいー!」ってふっかうれしそうな顔してた!

可愛い!!ふかざわほんっとに可愛い!!!ふかざわ!!可愛い!!!(呼び捨てすな)

 

 

あ!あれも楽しかったな。あれな。あれ。(なに)

Ho!サマーと夢物語。

一緒に踊れるの。しかも「一緒におどろーーーー!!」って可愛すぎか。

夢物語なんて何年ぶりってくらいに踊ったけど結構踊れるものね。

手が覚えてたよね。(おたく気質)

その時お立ち台に来たあの子達が可愛かった><

「みんなと一緒に踊ってるよー」みたいな顔するよね。あーいうとき。

体操のお兄さんみたいな優しい顔するよね。相手子供じゃないけど。笑

もうもうもうもうもうもう大好き。どうしよう。(語彙力)

うわーん。ほんと夢物語だったし!!!夢じゃないけど!!!夢みたいに楽しかったし!!サンキュ!!!(?)

翔太くんがお立ち台で笑ってて感動した・・・(笑うのがレアみたいに言うな)

てか!!翔太くんの「チカヅキタイ」見逃した!!笑。

あたしの入った回で印象深かった翔太くんはあれだな。

見学に来てた河合くんにセブンジャーニーの歌いだしをアカペラで歌わされる翔太くん!

緊張しながら、音合わせてるとこ可愛かった><

 

いやーまじかー。この感じそろそろ終わるなー。まじかー。

と感じてた時に始まったのが「まだ見ぬ世界へ」。

最初に謝っとく。もう降参。むり。言葉にできない。ごめんなさい。なんも言えねー。

 

かっこいい。(もう勘弁して)

 

一択!かっこいい一択!他になにがあるのか教えてよ!!!!(逆ギレ)

手に負えない。もうあたしの手には負えない。←

てかこの曲の歌詞が好き。

 

答えはきっとひとつじゃない いつか辿り着く場所がある

誇れるものがあるなら 届くようにまだ見ぬ世界へ

 

彼らがまだ見ぬ世界へあたしも一緒に行きたい・・・。(重量級)

 

そして「果てない空」。

嵐っていい曲ばっかだなぁぁぁぁ><

この曲をね、歌ってるときの阿部くんの表情がすごくよかったんです。

すごく感情を込めて一所懸命歌ってる姿。

今でもすぐに思い出せます。

オープニングとは違う涙が溢れそうでした。

初日に入ったお友達にこの曲は感動するよ、と最初に教えてもらっていたんですが。

ほんとにそうだった。感動した。

今までステージで元気で楽しそうに歌い踊っていた彼らが本当に心を込めてひとつになって歌っているのを見て、、、感動しました。

 

泥まみれの毎日だけど いまさら悩んだりはしない

呆れるほど不器用だけど 心に誓った夢がある

見えないものは何もないって その確かな歌が聞こえる

消えない思いがここにあるんだ いつだってもう一度

立ち上がろう 力強く

 

 阿部くん・・・この歌の時、邪魔な髪の毛をかきあげたつもりが・・・戻ってきてなかったね。笑。

可愛い・・・髪質問題・・・結局自分で戻してた・・・可愛い・・・なんなのほんと・・ちょっと腹立ってきた。←

でもほんとにいい顔してたよ。阿部くん。

すっごくすてきな表情でオトコマエでした。

 

アンコールの感謝カンゲキ雨嵐も楽しかったね!!

「すまーるあげーんありがとー」「すのーまーん!!」

「すまーるあげーんなきながらー」「すのーまーん!!」

この曲が始まるときにさっくんが「みんなの笑顔見せてーーー!!」つって。

天使><!!佐久間天使><!!可愛い><!!

 

「アンコール!アンコール!」ってしてた時ね。

宮田くんもちゃんとお手手叩いて一緒に言ってくれてたんだよ。

すてきな先輩・・・。

 

 あと限界メーターちょーーーーあがったんすけど!!

みんなあがった?あの歌なにげにちょーすきなんですけど!!

つか、あたしの限界メーターはオープニングで振り切れてましたけど!!(BBA早い)

 

あー。楽しかったなぁ。ほんっとに。ほんっとに。

ロスが来てないだけなのか、まだ少し夢見心地で。

デビュー組にも引けを取らない、魅せて、楽しんで、ファンへの愛情たっぷりの

すっっっっっっっっっごくステキなライブでした。

 

あーすき。ほんっとすきすぎて気持ち悪い。(自分が)

でも。

彼らをだいすきで応援することで、あたしは本当に幸せと元気をもらってるんだなって感じたライブでした。

 

 

今度は!!もっとおっきな会場で!!

うちわ持ってやろ!!!

 

 

 ハガキハガキ・・・(いそいそ)

 

 

充電期間始めました。

冷やし中華はじめました、的なタイトルですみません。笑

 

あー。始まっちゃったー。充電始まっちゃったーーー。

人間の充電ってどれくらいかかるのー。(しくしく)

 

5/1のオーラス。

WSで見た3人、かっこよかった。

本当にかっこよかった。強かった。

涙を流してる時も強かったよ。

守るものがある人は本当に強い。

KAT-TUNとあたしたちを守ろうと必死で闘ってくれてる彼らは本当に強いと思うし、

彼らを守ろうと必死で見守るあたしたちも本当に強い。

正直、ぼちぼち泣いてられないんだわ。

 

でも・・・泣くよね。(どっち)笑

 

ちょっと。荒療治っていうのかな。

禁断の去年の11月のベスアを改めて見ました。

なんか他人事のようだった。っていうと少し違うんだけど。

時間が経ってるからなのか、画面を見ながら思うのは

「この時の記憶が無い」だった。

こんなこと言ってたっけ?なに歌ったっけ?

あの赤のロングコートしか覚えてなかったー。

もうそこにはあの当時の感情なんて無くて。

ただ漠然と「もう二度と見ないだろうな」っていう思いしか浮かんできませんでした。

メリットがないっていうか。見ても。

 

あれから何度「仕方ない」という言葉を口にしただろう。

「仕方ない」という言葉でどれだけ自分を落ち着かせただろう。

納得がいかない気持ちとそれでもまたパワーアップして絶対会えるっていう気持ちと

この数ヶ月間ずっと戦ってきました。

たかがアイドル。

されどアイドル。

結構。心身ともに疲れるんです。笑。

 

ただそこでふと自分の中で芽生えた疑問。

 

ここまでもし順風満帆に6人のまま来ていたらあたしはここまで彼らを好きでいられたのかな?

 

好きではいたかもしれないけど、ここまで熱く好きじゃなかったかもしれない。

皮肉なもので、人数が減るたびに残ったメンバーを守りたいという気持ちが大きくなってKAT-TUNに関しては冷めた時期がなかった。10年間一度も。

まぁ。だからといって減ったのがよかったともこれっぽっちも思わないけど。

そこは難しい問題です・・・一生答えは出ないです。はい。

 

ただね。

いったい何人辞めるんだよ、いい加減にしろっつーの。

デビューしたら安泰じゃねーのかよ。

もうやめやめ!あたしもうファン辞める!!!

ってなる人、絶対いると思うんですよ。

いや、そうなって当たり前というか。

正直・・・キレたくもなりますわ。笑。

 

 

でも、本当に泣きたいのもキレたいのも、ファンじゃなくメンバーだと思うんです。

 

シューイチ見るたびに痩せて行くんですよ。ゆっちが。

毎週、痩せていくんです。

もうそれが辛くて辛くて。もう最後の方、見てません。泣けるから。

あたしは泣くためにゆっちを見たいんじゃない。

 

あたしは。

充電期間、賛成です。

寂しいよ。夏や年末の音楽番組にも出ないんでしょ?

歌って踊る姿見れないんでしょ?

あたしはゆっちの歌って踊る姿が大好きなのに。

KAT-TUNの中丸雄一が大好きなのに。

それがしばらく見れなくなるなんてこの上ない寂しさだよ?

 

でもなんていうのかな。

今までのピンチも彼らは幾度と無く乗り越えて、今では3人でもドームを広く感じさせない存在感を身につけてる。

亀はわかるけど、ゆっちやたっちゃんがここまで存在感出るようになるなんてデビュー当時あたしは思いませんでした。

それがすごいいい意味で裏切りを見せてくれて。

素直に楽しみなんです。どうなるの?って。

充電してまたKAT-TUNとして活動再開した時どうなるの?って。

またあたしをいい意味で裏切って欲しい。裏切ってくれると思う。

 

だから。大人しく待ちます。

年会費もお支払いしますし、こないだのDVDも買います。

やることはやって大人しく待ちます。

 

もしこのブログを読んだ最近KAT-TUNを好きになった方。

昔のCD、DVDいつでもお貸しします。笑。

なんでもあります。ただわたしの管理不足で見た目汚いです。(不潔)笑

もうあたしのすることでなにかKAT-TUNのためになるのなら。

・・・悟りを開いてきてるかも。(大げさ)笑。

 

あたしは「We're KAT-TUN!」が大好きです。

隣の知らない人と手を繋がなきゃいけなくて、最初はちょっと抵抗あったけど。

そのときに「(繋いでも)いいですか?」って顔を合わせるとみんなとてもいい笑顔で手を繋いでくれるんです。

それがすごく嬉しくて愛しくなります。

こういう小さな幸せもKAT-TUNを好きにならなきゃ知らなかった。

特にこのツアーでは、ファン同士がすごく一体感があって居心地がよかったな。

 

もしも神様がいて過去を変えられるとして

「なにも変えませんよ」って言える日々にしたいんだ

 

絶対、しようね。約束。

 

 

・・・あーあたしも充電してぇ。(叫)笑

 

滝沢歌舞伎に行ってきたおはなし。

どうも。こんにちわ。(何きゃら)

先日、とうとう憧れの滝沢歌舞伎に行ってまいりました。

・・・そう。憧れだったんです。

阿部担になろう!これからは阿部担になって目一杯阿部くんの応援をしよう!

阿部!WITH LOVE!!

と、迷い無く思えたのは2014年の滝沢歌舞伎の「いつか」を見てからだったので

あたしはこの舞台で阿部くんがダンスやお芝居をするのを生で見る日を夢に見ていました。

 

夢って・・・ちょっと大げさに言いました。すみません。(きさま)

 

でもSnowManちょーかっこよかった!!

やっぱりちょーかっこよかった!!

 

あたしは阿部くんのキラキラした目で踊る姿が大好きです。

見てると自然に口角が上がるし、元気になれる。

 

それが今回は「浮世艶姿桜」だった。

正直「いつか」じゃなくて残念・・・だと最初は思っていたけど、あたしにとっては神。

ちょっとセグウェイとタッキーの帽子が光りすぎててわろたけど。(おい)

でもいいの!!セグウェイより阿部くんの方が光ってたもん!!(あたしの目には)

これ孫の代まで語り継ぐことにする。(子すらおらん)

我が家の家訓にする。

「阿部くんはセグウェイより光ってる」(なんのこっちゃ)

なんかもうね、会社でセグウェイの話したらあらしっくのパイセンに

「大野くんね、家でセグウェイ乗って移動してるねんて!」とかいう話に摩り替えられて若干いらっとしたからここでセグウェイ話できてよかった!!!笑

 

ってセグウェイはどちらかといういえばどうでもよくて。(ええんかい)

シュールにセグウェイではけて舞台上に戻ってきた後のダンス!!!

あれ!かっこいい!!泣けるほどかっこいい!!!

しかも阿部くん、口ぱくで歌ってるの!!もう!!すき!!!浮世艶姿あべ!!←

衣装もすてきだし、なんせ色気が・・・

阿部くん、ほんっとに急に色気出すから・・・危険なんだよ・・・

もうちょっとあのダンス見せて欲しかった・・・ノーセグウェイでいってほしかった・・・

早くあれまた見たいの。DVD早く出して。(まだ公演中)

 

オープニングの衣装が前回までの青から赤に変わってた!

なんかね、初めて見たときね。

「うわ!これだ!これが滝沢歌舞伎だ!DVDで見たやつ!!」って感動しちゃった。

百聞は一見にしかずだった。ちょーかっこいい。

阿部くんだけじゃなくてね?あの空間がちょーかっこいいの。

圧倒されるの、なにもかもがかっこよすぎて。

衣装ではけるときにちょうど舞台袖が見えるお席でね、ひーくんががばっと衣装を脱いだのが見えて沸いた。かっけーっす。ひーくんまじかっけー。(何キャラ)

タッキーの美しさは神がかりだった。フライングで出てきた時、思わずのけぞった。笑

 

Maybe

これってVさんの曲なんだよね?(勉強不足猛反省)

帰ってきてからV担のミーちゃんに教えてもらったの。笑

健くんを出迎える感じで出てくるJrの黒い衣装があの一瞬だなんてもったいないくらいかっこよかったんですけど。

阿部くん、あれどっかでもう1回着なよ。(誰あんた)

つか、健くんの怪我、2部まで忘れてた。

忘れるくらいダンスうまかった。

このド素人のあたしでもわかるくらいのすごさだった。

そしてバックダンサーのさっくんと林翔太くん!!!!!!!!!

2人とも全然違う色気ふりまいてた。

とにかくさっくんのあの髪色がちょー好き。

そしてその金髪じゃない髪色にあのアンニュイなダンスがマッチしてて最高にすてきでした・・・。

ちょっともう自分でなに書いてるかわかんなくなってきた。(しっかりして)

 

4剣士

このひーくん!!かっこよかったね!!黒剣士

二の腕がごつい!ほんとの剣士くらいすごい!

いや、剣士とかあんまり知らないんですけど。(てきとーか)笑

これのね、ひーくんのフッキングする阿部くんがね?ちょーかっこいんだよ!!!

優しく肩をぽんぽんって叩くんだよ(はあと)

その後すぐなんかとび蹴りで舞台前の方に出てくるけどそれはちょっとかっこいいのかなんなのかよくわかんない。(おい)笑

うそ!かっこいいよ★笑(笑ってる)

 

お化け

林翔太くんの演技力!!あれすごくない?やばくない?

稲川順二より上行くから。(比べる人間違ってる)

ほんっとに怖かったんだけど。

とりあえず、たくさん出てくる貞子どうにかして。笑

 

MASK

これ阿部くん一発で見つけたーーーー!!!(歓喜)(調子乗ってる)

でも見つけてから最後のMASK取るまで不安で不安でね。笑

「コレ違ったらどうしよ・・・また次回阿部くん探さなきゃなんないし・・・。」

つってね。

でもMASK取って阿部くんだとわかった瞬間、ちっちゃくガッツポーズした。笑

これの最初の健くんのシャドーダンス!!神だから。

もうほんっとに足怪我してるなんて驚きのダンスだった。

健くんはとりあえず、若返りエキスを売ったほうがいいと思う。あたし買うし。(だから何の話)

 

腹筋太鼓

あたしの双眼鏡は阿部くんロックオン。←

ここぞとばかりにロックオン。

なんだけどね、今回のこれ回るから1階じゃ全然表情が見れなかった・・・

3階が最高だった。ずっと見れたもん。

腹筋太鼓って「はっ」とかいう掛け声の時に腹筋がぷくってなるでしょ。

あれ好き!腹から声出てる感!!最高!!

阿部くん、苦しそうな顔してたな・・・・・・・

最後の方、悶えるように苦しそうな顔してたな・・・・・・

・・・・・・ちょーかっこいい。宇宙いちにもほどがある。←

 

舞台化粧の時の阿部くんはっぴきて可愛いんだよ。

ちょーオーバーリアクション♪可愛い。

可愛いって100回書いてもいい?(やめとけ)

さっくんの「健くん!健くん!」のわんこみたいなのを横でにこにこ見てる阿部くん。

軽く妬いてるんでしょ。その笑顔怖いよ(はあと)可愛いね!!(結局それ)

 

口上の阿部くん「演舞場のみなさまの心は快晴になるでしょう!」(ニュアンス←覚えてない人)笑

もう快晴だよ。快晴すぎて困ってる。

かっこいいセグウェイの後でこの可愛い阿部くんが続いてほんとおかしくなるかと思った。

 

お祭りの踊りも可愛くてね。扇子を口にくわえて隣の人アイコンタクトする振り付けがあるんだけどね。

可愛いの。もうどうしたら。語彙力。

可愛いの。語彙力かもん。可愛いの。

あーーー結局可愛いしか言ってないし。なんだありゃ。(お前がなんだよ)

 

阿部くんのロン毛見れるのあれなんだっけ。

あー。語彙力の次は記憶力。(この人なんも持ってない)

1幕の最後のやつ。阿部くんがってかみんなロン毛なの。(言い方)

・・・で。あれってどういう話?(結局なんにもわかってない)

 

鼠小僧

だてさまが太鼓叩くやつ!!そのときの姿勢が美しい!!

だてさまって身体の芯がすごいよね。ぶれないの。かっこいい。

阿部くんは翔太くんと一緒に町人役なんだけど、可愛いの!ぶりっこ!

菊三ぶりっこ!菊三・・・三男?(それいる?)

あのRAPが好きでね。阿部くんがちゃらいの!

林翔太くんとちょー楽しそうに踊ってて、最後足組んでポーズ決めるのがかっこいい。

もうこの2幕に関してはみんな演技もダンスも最高だし、可愛い。

可愛いのかたまり。はよDVD。(まだ言う)

だって!!3回みたくらいじゃ説明できないし!!(これを逆切れという)

さっくんなんてあんなはまり役ある?最高だし!!

個人的にはふっかのおまるちゃんが大好きです。笑

ふっか、演技上手・・・。

タッキーと屋根の上でお話してるときに途中でタッキーが寝ちゃって聞いてなかったからもう1回言ってって言った瞬間の「どっから?怒」がちょーすき。笑

小判も取れたんだよ!わーい!!

これがホンモノなら・・・(ビンボー人)

そうそう。あたしが入った回のどれかで健くんがホースで阿部くんの股間ろっくおんしてた。

阿部くんちょー逃げてた。笑。うける。股間ろっくおん。わろた。

健くんぐっじょぶ。←

あ。ふっかの暴露話で阿部くんがオープニングのいにしえで衣装のチャックが開いてたっていうのもあったなーけけけ。(そんなのばっかり覚えてる)

 

WITHLOVE

この時のスーツが好き!

白とゴールドでね。

鼠のときに床が塗れちゃってるのに肩膝ついたりするから汚れるよってちょー気になった!!笑

WITHLOVEはね、マルチアングル欲しい。

みんながすごい優しい顔で手話するからそれが全員分見たい。

そんで後ろに映る出演者の写真。

今回もタッキーが撮ってるのかな?

去年を越える阿部くんではなかった気がするけど笑(そこ厳しい)

でも、とっても可愛い阿部くんだった。

髪型がね、阿部くんらしかったよ!!(どういう意味)笑

 

LOVE

はう。。。←

可愛かった。。。なにあれ。もうほんとにばかじゃないの?(おい)

最初のサビまでの振り付けってあれなに?即興?毎回違ったんだけど。

誰かがやるのに合わせてやってるの?可愛いの500乗だったんだけど。

サビの振り付けも可愛くって。阿部くん罪。

「可愛く踊りすぎちゃってあんたなんなの罪」(なんだそれ)

最後のお手振りだってさ、阿部くん自分が手振った人全員自分の担当にするつもりで振ってるでしょ。←

もうそれくらい可愛い笑顔だったんだけど!!

あながちこのあたしの妄想間違ってないと思うんだわ。

絶対あれで阿部くんにやられた人いると思うんだわ。

阿部くん、やり手。ぶらぼー。好き。LOVE。(なんのこっちゃ)

 

あー。またたいしたこと書いてないのに長くなっちゃったぜ。

また行きたいなー滝沢歌舞伎。来年もすの出てくれるかなー。

はー好きだなー。阿部くん。

もうどうしよう。好きすぎて日本語だけじゃ足りないんだけど。(は?)

 

とにかく!!!

阿部くんは宇宙いちかっこいい!!!!!らぶ!!!!!

 

 

 

 

KAT-TUNのライブのおはなし。

4/3にナゴヤドームで行われたKAT-TUNのライブに行ってきました。

 

去年の東京ドームでのquarterにどうしても行けなかった(WESTに舞い上がっている時期だったため←)あたしは、本当にそれを後悔していて。

後悔するがあまり、未だにDVDを手に入れることを躊躇っているほど。(重い)

 

なのですっごく楽しみでした。

前日全然眠れなくて、5回ほどうなされて起きるほど。(これでも立派なアラフォー)

 

それにね、それにね、KAT-TUNデビュー前から必ず一緒に入ってたんだけど、

ご結婚して息子くんが生まれて、最近はなかなか一緒に入ることができなかった相方ちゃんと久々に一緒に入れるってことでね。それも楽しみでね。

近鉄特急で寝かせないほどしゃべってごめん。

しかもクリエ一般の電話かけさせてごめん。(鬼)

 

というわけで(前置き長いわ)、

 4/3のナゴヤドームでのKAT-TUNのライブに行ってきたんですぅーーー!!(2回目)

 

声を大にしていいたい。

もう孫の代まで語り継ぎたい。(子すらいない)

遺産はないけどこの気持ちを遺言に残したい。(ダレトク)

 

KAT-TUNしびれる。(褒め方昭和)

 

あのね。こんなこと本当は思いたくなかったんだけどね。

やっぱり最初に3人を見た時ね。

「少ない・・・」

って少し戸惑いました。寂しい気持ちになりました。

登場の仕方なのかな。結構コンパクトに3人が固まって立ってるの。笑。

こう上から降りてくるとか、ポップアップで出てくるとかそんなんじゃなくて。

だから余計にあたしはそう感じちゃったのかもしれない。

 

でもね、そんな寂しい想いを思ってられるのなんてほんとに一瞬。

「GOLD」から怒涛のメドレーが始まります。

切なくなってる暇なんてなかったです。

曲が終わって次の曲のイントロが始まるたびに会場から悲鳴が聞こえるくらい。

 

現実問題、歌割がみんなすごく多くなっていて。

ゆっちとかボイパの後、すぐに歌わなきゃいけなかったりとか。

サビで盛り上がった後にすぐまたAメロで通常のテンションで歌わなきゃだったり。

ほんっとに大変だと思う。

こんな短い期間で、歌割変更してダンスの立ち位置も全部変更して。

しかも新しく入ってくるものじゃないじゃん。

元々頭の中にあったものを変更してまた頭に入れるって相当大変だと思うの。

しかも歌割なんて、息継ぎ問題とか流れとかいろいろとあるんだろうね。

辞めてないゆっちが辞めたメンバーの箇所を歌う代わりに元々のゆっちのパートをかめが歌ったりとか。これ本人たちほんとカオスだよ。

おまけにドームを3人で駆け回らなきゃいけないし。

だってジュニアなしだよ?ドームでジュニアなしなんてありえる?

昔ゆっちが言ってたんですよ。

「ドームでジュニアなしはほんとにきつい」って。

 

ちょっとぞっとした。

でもその反面、更に愛しくなった。

聖が抜けた年のライブは4人の謝罪から始まりました。

でも、今回は通常通り。謝罪なし。

もちろん、謝ってほしくなんてないし、必要性もない。

だけど、あたしたちファンを喜ばせたいがためにこんな努力をしてくれることが

もう、愛しいというか。

それを肌で感じることが出来て10年間応援してきてよかったって。

あたし見る目あるなって心底思いました。

 

曲のアレンジとかもやっぱり変わっていて。

 前にかめが言っていた「抜けたメンバーの代わりなんていない」って言ってた言葉もひしひしと感じました。

だってRAPだって歌おうと思えば歌えるもん。でも歌わない。

それでファンが戸惑おうがそれでいい。これでいく。

そういうプライドも感じたな。

 

でもそんなかっこいいのにMCはやっぱりいつも通りなの。

かめとたっちゃんは自由だし、ゆっちはなんとか軌道修正しようとするもすぐ諦めるし。←

しかも途中、たっちゃんのボケに2人とものっちゃって誰もなにもつっこなくてちょっと心配したし!!笑

 

 

あとね、今回最初の怒涛のメドレー中はそこまで特効すごくなかったと思うんですよ。アリーナだったからレーザーとかはあんまりわかんなかったけど・・・。

かめも「今回はそこまで派手にはしない。充電期間が終わってから派手にする」つってたって誰かに聞いたので、「あ、だから大人しめなのかー」とか思ってたんです。

 

それがどうよ。

TRAGETYからUNROCKで、見事にやってくれた。

 

どこが派手じゃないのさーーーーーー目玉飛び出たわーーーーーー(ホラー)

 

かっこいいの100乗

サイコーの1000乗

むしろあたしもその花火で打ち上げて。(何言ってんだあんた)

ここほんっとに見所。最高。ここなしではこのライブは語れない。

大阪でいう食いだおれ。

東京でいうスカイツリー

パリでいう凱旋門。

SnowManでいうアクロバット。←

 

花火が上から落ちてきてたんだもん!メンバーの頭上に花火落ちてきてた!

あと、ぴゅーっていろんな方向になんか飛んでいってた。(雑)

もちろん、いつもの炎はオレンジと青で巨大ガスバーナー並み。

ぼおぅっつってブリュレ出来る。

巨大ビリュレ、ドームのみんなで食べちゃおう!とか出来る。(しない)

あと、レーザーがきれい!!

あたしは今回アリーナだったので見上げる形だったんだけど、もうね。

メンバー見るの忘れた。特攻に夢中でレーザー見てた。

ちょっとお願い事とかしてみた。(流れ星じゃない)

 

自転車操業やめたいです。」(リアル)

 

この曲終わった後、アリーナ席、ちょっとむせました。

火薬くさくてちょっとむせました。笑。

いや、ほんと最強で最高だったけど、客席がむせるってなに。笑。(確かに)

 

 しかしこんだけやっといて充電期間明けたらどんな特効使ってくるの。笑。

もはやもう人間花火とかしなきゃいけなくなるんじゃない?(それ罰ゲーム)

メインステからバクステまで花火となって移動します。みたいな。

たけし城でそんなのあったよね?(若い子知らない)笑。

 

何回も言うけどほら3人だから。着替えとかも段取りがあるじゃん。

それをね・・・あの子達上手く使うのよ・・・脱毛。(脱帽ね)

 

たとえばカトゥネット高丸。

今回襲われてた。社長、海賊に左半身だけ襲われてた。笑。

なんかしんないけど左半身だけ。笑。

本人も言ってた。「なんかこっちばっかり襲われた!!」つって。笑。

海賊に襲われてるくせにスマホの充電がないって心配してた。笑。

 

次は中丸クリニック。

安定のボイパコーナーからの通院。←

エセ関西弁ドラキュラ和也が帰ってきた。笑。

もうまた甘えてた。ドクター中丸に無理やり白衣着せて、聴診器つけさせて。

なんで歯医者さんなのに聴診器いるの?つってね。笑。

ドラキュラ和也は歯を削られてから「君が嫌いなキミがすーきっ」つって歌いながら口から血を流してた。(カオス)

そんでそれが終わったらホンモノ来た。

暴走族のホンモノ来た。←

たっちゃん、ばかでかい三輪車のバイクで疾走してきた。

それで「とーびだせーばもう止まらないよ」つって歌ってた。止まって、お願い。

リアルすぎてちょっと泣く子も黙るから。←

 

演出がにくい!!って思ったのがね。「4U」

あれどんな始まりだったんだろ・・・ちょっと思い出せないんだけどね。

気付いたらメンバーがいなくて。

メイン画面に歌詞が出てくるの。

「あーりふれたことばーよーりー」つって。

歌うよね。ファン全員で大合唱するの。

そんなことさせられたらさ、一体感でるもん。

それでなくても隣にいる人、全然知らん人だけど一緒にいろんなこと乗り越えてきたことに変わりないじゃん。

それプラスそんな一緒に歌っちゃったらもう・・・マブダチだし。(奇想天外)

なんかちょっとじーんとしちゃったよ。

「あー今、衣装替えの時間かー」つって思いながらじーんとしてた。(現実的)

 

今回、締めの挨拶がゆっちだったんです。

全員するのかと思いきや、アンコール前の挨拶は代表、って感じでゆっちだけだったんです。

それにちょっとうるっと来ました。

1人しか挨拶しないときって今までかめだったから。

そこでね、なんだかね。3人がフラットになった気がした。

いや、今までも別に立ち位置に不満なんて何もなくて何も思ったことなかったんだけど。

なんていえば伝わるのか・・・自分でもわからない気持ちなので・・・。

ただ、いつもはかめだった位置をゆっちも任されるくらい3人が同じ立ち位置になったっていうか・・・いや、これじゃ誤解を生むかな。

やっぱなし!わかんない!!笑(おい)

 

アンコールの後の3人の挨拶。

たっちゃんの言葉がすごく印象に残っていて。

「かめが何かに出てるとき、僕のファンも中丸くんのファンも応援してください。」

って言っていて。

きっとね、今までなら「僕のことをかめのファンも中丸くんのファンも応援してください。」ってたっちゃんは言ってたと思う。

それはわがままとかじゃなくてあのこのキャラもあるだろうし、真面目な挨拶の場面でファンをくすって笑わせてくれるパフォーマンス的なものもあるというか。

この子ってほんとに見てないようで周りを見てる。そして賢い。

こんなことを言葉に出来る人って本当に純粋に人が好きで信じてるんだと思う。

損得勘定なく人を好きな人って本当に尊敬する。

 

あたしはこのライブに行って、本当によかったです。

まだ大阪もあるけど、まだ先なのにあたしは大阪で最後だからすでにロスに入りそうなくらい。

Mステで涙を見せた3人の笑顔が見れたことがいちばんでした。

もうそれがすべてでした。

そして、3人のなにか腹を括ったような表情がとても男らしくて。貫禄がすごくて。

圧巻でした。

 

本当に春の現場が無くてお暇な人は行ってほしいくらい。

もう面白くなかったらあたしが事務所の代わりに返金してあげる。笑。

それくらい、自慢できるKAT-TUNアニバーサリーライブでした。

 

 

 

 

 

センチメンタルなおはなし。

Mステを見終わった辺りから・・・

自分が実感していなかったことに気付く。

脱退発表からのこの数か月間、心を決めたつもりだったのに。

・・・まったくだった。なにをしていたのか・・・。

先に脱退を発表するのがいいのか悪いのか。

答えなんて絶対出なくて。

なぜならそれは「脱退」自体がいやだから。

 

Mステからずっとカウントダウンをしていた自分がいて。

阿部くんを見ても、中丸氏を見ても全然上の空。

思い浮かぶのはMステでのたっちゃんの背中だけ。

 

虚勢を張っていたんだなって思う。

「大丈夫。あたしは大丈夫。乗り越えられる。」

呪文。

 

今まで急にいなくなったことしかなかったから、去っていく実感がなくて。

 田口がいなくなっちゃう。どっか行っちゃう。

 そんな感覚になりました。

3人についていく覚悟はできていたのに、田口がいなくなる覚悟が出来ていませんでした。

 

明日で3月は終わり。

すぐに名古屋ドーム。

泣いている暇はない。

 

よしっ!!!

田口!すぐにツイッターはじめんなよ!!笑

SnowManに歌って欲しいKAT-TUNの曲、10選のおはなし。-前編-

プロフにもある通り、あたしはKAT-TUNとSnowManが大好きです。

どちらが、というよりどちらも。

ただ、SnowManはどどどどど新規なので確かに言葉に発するのはSnowManや阿部くんの方が多いのは確かです。

しょっぱなから言い訳めいたことゆうでしょ。笑。←

何が言いたいかっていうとね。

 

ただのKAT-TUNとSnowManが好きで仕方ないだけのノーテンキハッピーヤローです。

なのでこの記事に関してはかなり意見が偏りますので許してね(はあと)ってことだけです。(小心者なだけ)笑。

デビューすると先輩の曲って歌わなくなるんだもん。

だから今!なの。今じゃなきゃすのにKAT-TUNの曲歌ってもらえないの。

なんでKAT-TUNの曲限定かっつーと、あたしがKAT-TUNのファンだからってだけじゃないから!

・・・KAT-TUN以外知らないだけ。(だめじゃん)笑。

安心してください!KAT-TUNも元は6人です!(笑えない)笑。

 

ま。クリエもあることだし、たまにはこんなお遊びブログもいいかなーって。

は?クリエのチケットとか持ってませんが、なにか?(キレ気味)←笑。

 

◆SnowManに歌って欲しいKAT-TUNの曲10選ー前編ー◆

 

1.KISS KISS KISS

2015年のシングル曲。

かめとふかきょんのドラマの曲。「え?またやんの?さる?」ってドラマの曲。(こら)

この曲は少し昭和チックで歌詞もなかなかきわどくてオトナのラブソング。

「君の中の僕が今夜も叫んでる」とか「止まらないエクスタシー」とか。

オトコとして出来上がってきたアラサーKAT-TUNが歌うことによって

ものすごい色気を纏う曲なのかなー。

でもそんなオトナのオトコでも理性を無くして「どうしよう好きすぎて止まらない。」感があたしは好きです。

そんなオトナのラブソングだからこそ、ちょこっと背伸びしてすのに歌って欲しい。

特に前奏と間奏のダンスはすののように揃えられるグループは絶対かっこいい!

なんだか歌詞の内容が濃いエロだから、スマートな体型とダンスを持ち合わせてる彼らが歌うことによってヘビーなのがライトになるというか。(ボクシング?)笑

あたしは個人的に背伸びする男の子がとっても好きで、阿部くんに

「君という蜜に酔いしれて抑えきれないこの気持ち」

なんて歌われた日にゃ、本気で東京に住もうと思います。(重い)

そしてもう一枚クレジットカード作ります。(もうやめて)笑。

 

 

2.In Fact

2014年シングル曲。

中丸氏とエリカ様のドラマの曲。あたしはエリカ様の顔がタイプです。(聞いてない)

服飾関係のドラマの主題歌だったからかこの曲はとてもスタイリッシュ。

MVもなかなかド派手な勝負服でした。あはは笑。(笑うとこちゃう)

この曲はスピード感のある曲だと思ってるのでガンガンアクロを入れて歌って欲しい!!

もうむしろアクロだけでもいい!(それ歌えない)笑

やっぱり、すのの強みってアクロだと初心者すの担のあたしは思っていて

1人が1回バク転するだけでも華やかになるのに、6人でするとか軽く「あれ?花火上がった?」くらい華やかになるわけで(語彙力)。

で、歌詞が結構強気で前向きなんですよね。

「何度も声が枯れても君に呼びかける」「手放したはずの夢がほら疼いて」「願いのためにならば弱さ晒しても」「君には君しか描けぬ場所へ」とか。うん。好き。(なにそれ)

華やかさと強さを持ち合わせたこの曲だからこそ、すのに歌って欲しい。

この曲のね、「その手伸ばす~」ってとこの振りはさっくんをカメラで抜いて欲しい。(個人的意見すぎ)笑。

 

 

3.GIMME LUV

2013年アルバム「楔」収録曲。

2013年~2014年のカウコンで歌った曲。(テレビで流れてます)

KAT-TUN担のあたしでも「ふおう!!」ってなるくらいカッコイイ曲。(叫び方)

やけに「GIMME LUV」って出てくるけど。笑。

基本的にKAT-TUNの曲ってイメージは「黒」なんだけどこの曲は「赤」な気がする。

なんせダンスがかっこいいです。

よく考えたらダンスがかっこいい曲ですのに似合わない曲なんてないよね。笑(根本的問題)

 

 

4.GIVEME,GIVEME,GIVEME

シングル曲「CHANGE UR WORLD」収録曲。

この曲は最初の始まりがすごく好きで聞いてたんだけど、ライブCHAINで見たらすっごくダンスもかっこよくて、KAT-TUNにしてはすごく揃ってるの!!(若干失礼)

RAP部分もあるからそこはぜひひーくんでお願いします^^

 

 

5.DESTINY

デビュー前のオリジナル曲。CD化されていません。

ライブDVD海賊帆に入ってるかな。YouTubeにもあります。(こっそり)←笑

あたしはこの曲がデビュー前から好きで好きで。

とにかく歌詞が10代の男子が歌う歌詞じゃない。

でも先にも言ったんですがあたしは背伸びをする男の子が大好きで。笑。

もうこの曲なんてKAT-TUNが歌ってたのって10代なので背伸びしまくりというか。

あ。ショタコンではないのでご安心を。(どうだか)笑。

始まりがもう「泣かないで、君に僕がいる燃え上がれOhmyDESTINY」って。

そんなの10代の子に言われて泣き止むアラフォーがどこにいますか。(現実的)笑

ただ。KISSKISSKISSと違ってすのの年代にはちょうど良さそう。

KISSKISSKISSより歌詞がちょっと直接的なんですよ。オブラートに包んでないの。笑。

「マジ熱いんだろ?服脱ぎ捨てて来いよ」とか

「今欲しいんだろ?ほら素直んなって来いよ」とか。

ノーオブラートーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!笑。

でも爽やかな笑顔の阿部くんがこんな歌詞歌ったらどうです?

・・・そっちのお勉強もできるんだね。とかなりません?(ならんわ)笑。

ギャップ萌えしたいのでぜひお願いします。笑。(かなり個人的な意見)

仁の歌う「服脱ぎ捨てて・・・」のくだりはふっかきぼんぬ。←

 

 

6.青天の霹靂

この曲もCD化ありません。

DVDにも収録なし。

ただ、一度少プレで少しだけですが歌ったことがあるのでYouTuneにあります。笑←

この曲の歌詞といえば

「2回目のキスは痛いから好きじゃない」のかめパート。

もうなんで2回目は痛いとかほんとわけわかんないんですけど(こら)この部分が大好きで、ここはもちろんだてさまに歌って欲しい!

KAT-TUNには珍しく女性優位というか、女の人に振り回されていらだっている男の子を歌った曲です。

「傷つくだけのリスクなら溺れたくないんだ」「避けるしぐさは一体全体なんなんだい?」

自信満々なイケメンがいらだつほどぞくそくするものはありません。(変わってる)

あーもー。ほんと歌って欲しい。

翔太くんとだてさまメインでこれは歌って欲しい!!

 

ということで前編はここまでー。

前編とか言いながら6曲あげてるし。普通半分の5曲でしょ。笑

そしてそして後編がいつになるかは未定ですー^^(気まぐれ)

 

ほんとにほんとに個人的な意見でしかないのでごめんなさいです。

はーーーーー。クリエ・・・・・。笑。

 

 

 

KAT-TUN10周年のおはなし。

明日3月22日にあたしの大好きなKAT-TUNが10周年を迎えます。

明日はただただKAT-TUN10周年に浸りたいので、(というか年度末でしにかけ。笑。)

1日早いけど、10Ks!フラゲ日に。

 

KAT-TUN10周年おめでとうございます。

あっぱれ!

 

最近は1に阿部くん2に阿部くん。

3,4も阿部くん。5も阿部くん。

の、あたしですが。

今回ばかりは、KAT-TUN担として。

 

KAT-TUNはあたしにとっては生活の一部です。

なんのこっちゃって感じかもしれないですが。笑。

朝起きたら歯磨きをするように。

おなかがすいたらごはんを食べるように。

そんな感じ。

あたしの中でKAT-TUNとは生活の一部(2回目)。

無くてはならないもの。

 

この無くてはならないKAT-TUNなのですが、3度ほどメンバーがいなくなりました。

でも。今回はせっかくのめでたい10周年なので当初のメンバー6人のことを書こうと思います。

 

あっぱれ!!(しつこい)

 

亀梨和也

KAT-TUNのK

最近ではKAT-TUNのKAとか言われてますが今となればもうなんでもいいです。(おい)

あたしがKAT-TUNを認識したのは「ごくせん2」で。

かめにびびびっと(懐かしい)来たからです。

「ひいいいいいいい。かっこいい・・・・(はあと)」

そこからはもうあたしが始めて嵌った沼。

今でこそ、とんでもなく大人な考えで最近読んだ雑誌でもすごく広い視野を持ったとてつもないイイオトコなのですが。

当初は彼もまだ18歳だったかな。尖ってました。

ええ。もうびんびんに。ジャックナイフ。触るものみな傷つけた。←

デビュー前に行われたルッキンコンのMCでも機嫌が悪けりゃ喋らない。

「わ。今日かめ機嫌悪いね・・・」なんてファンですらすぐにわかってしまう感じ。

ナマイキでした。笑。

すののだてさんがかめにドリボで「その日しか来れない人もいるんだから。精一杯やれ。」といわれたことがある。となんかの雑誌で言ってましたが、

正直その当時はそっくりそのままかめにその言葉を言いたいくらいの態度の時もありました。笑。

早く成人を迎えてくれ!!と結構本気で思ってたくらいなんだか危うい感じ。

でもそんなとこが逆に当初は魅力的だったのかもしれない。

だけど、ドリボ座長、ドラマ主演、メンバーの脱退。

いろんなことがあるたびに彼は常に自分の力に変えてきたと思う。

いつも何かを背負っていて、中丸担のあたしですら「かめがいるから大丈夫!」という変な期待をしてしまうところまでにいつのまにかなっていた。

いちばん最近では2015年のベストアーティストかな。

あの衝撃の舞台でメンバーを代表して話をするかめを見たときに。

いちばんにあたしが思ったこと。

「かめ。お願い。助けて。」

でした。

ファンにまでこんなことを思わせる彼はいったい今までどんなものを背負ってきたんだろうか、とちょっと背筋が凍ります。

ほんとにベムなんじゃねーの?とかたまに思ったりもするスーパー和也なんですが

ふと普通の青年を見せます。

いつだったかエイトがゲストの少プレで。

ドリボの座長だった彼は一人だけほかのKAT-TUNのメンバーと楽屋が別ですごくいやだった、心苦しかったと話していたことがありました。

NEWSやエイトがゲストの時は嬉しくて楽しくて、テンションあがり過ぎてすぐに人の話に入ろうとします。

ゆっちのウインクに照れて歌詞を忘れます。

山猫ほどではないけど、たまに本番で音をはずします。

大好きな先輩の番組に出るとちょっと甘えた和也になってます。

髪の毛を切っても最終的には外はねのいつもの髪型になってます。

前髪あったほうがいいですよ。(余計なお世話)

 周りから見ると彼がKAT-TUNを引っ張っているように見えていると思うし、実際にそうなのかもしれないけど、彼はそうはあんまり思ってないと思う。

そしてそんなところが彼の惹かれるところなんだろうなと勝手に思ってます。

彼自身ちょっと(いやかなり?)セレブだけど、普通の感覚もちゃんと持ち合わせていて、嫌味なくそれを出せる。

彼の魅力は無限大でこれからもきっとその進化は止まらないと思います。

とりあえず充電期間中にプロ野球入りはしないでほしいと結構本気で思ってます。

むちむちのかめいやあああああああ。笑。

 

赤西仁

KAT-TUNのA

最近よくツイッターで見かけるのでふと思うときがあるんですが。。。

今でもKAT-TUNだったらどんな感じだったんだろう。。。と。

彼もまたかめと同じで機嫌のいい悪いがはっきりしていて、デビューしてからは

機嫌がいいときってどれくらいあった?ってなくらいでした。笑

あたしは担当ではないのでもしかすると担当さんから見ればちょっと見解が違うかもしれませんが。

彼はとにかく美しい。

ナマで見たことあります?笑。

オーラぱねぇです。

あのオーラならライトなくても大丈夫です。笑。

あんなオーラを持ち合わせてる人、後にも先にも見たこと無い。(私は。)

それくらいの衝撃をはじめてナマで見た時に感じました。

目が持ってかれる感じ。あと足首が細い。(今それいる?)

あんまり笑わないけど、ちらっと笑った顔を間近で見たら失神する勢い。(そこまで?)

ジャニーズの後輩をかわいがってるとかそんなこと一切聞いたことがないんですけど

彼が在籍当初、憧れの先輩によく載ってた意味がわかります。

かわいがってもないのに憧れられる。そんな人。

だってほんっとにかっこいんだぜ??(だれ)笑。

デビュー直後に留学するっつっていなくなったときには当時は言えなかったけど本当は「ばかかよ。」と思ってました。笑。スミマセン。←

ほんとは今でもいてほしかったって正直思うけど・・・

ゆっちに「赤西!すっこめ!!!」とか言われてる仁を見たいけど。(ピンポイント笑)

辞めてからの方がどうやら彼も楽しそうだし、つぶやきとかを見てたら

彼もすごくオトナになってるな・・・って素直に思います。

(偉そうに聞こえたらごめんなさい。土下座。)

事務所を辞めてから思い通りに行かないこともたくさんあったと思う。

それでもあそこまで出来てるってすごい。

まだたくさんファンがいることもすごい。

やっぱり仁はスターだなって。

元だけどKAT-TUNだったってことがあたしには誇りです。

でも本当は・・・。

あの日に見たムラサキをまた見に行けたらいいな。(やかましい)笑。

 

 田口淳之介

KAT-TUNの最初のT

11月頃からHOTな話題のこの人。笑。

結成当初、仲が悪かったKAT-TUNですが彼だけは最初から「大好き!」と言っていました。

いつの雑誌だったか6人の座談会で当初は仲が悪かったって盛り上がっている中、

「俺は最初からずっとKAT-TUNが大好きだよ。」

ふぉーーーー!!素直で可愛いKY!!笑。

顔が小さくてスタイル抜群。ダンスもアクロも完璧。

なのにほっぺのぷっくりと笑顔が可愛い。

「しゃべらなければ完璧」といつかのライブのMCでメンバーが言ってました。残念。無念。笑。

これからもずっとそんな田口が見れると思ってた。

ずっとメンバーに可愛がられる田口が見れると思ってた。

それがあのベスアでの発表。

ある意味、電光石火のサムライラブアタック。(こんなとこでふざけんな)

あの発表があったときにあたしはいちばんに思い出したのはなぜかNEWSの手越くんの言葉です。

以前、少プレでゲストだったときにKAT-TUNから手越くんへ

「NEWSを辞めたいと思ったことはありますか?」という質問がありました。

すると彼は「ある」とはっきり答えました。

ではなぜ辞めなかったの?というKAT-TUNの問いに。

「ファンの人がいてくれたから」って。

こんなにたくさんグループがあって、どんどん新しいグループだって出てくるのに

それでもNEWSがいいって言ってくれるファンの人がいたから。だと。

それまでどちらかというと苦手だった手越くんが好きになりました。(簡単)

それを思い出してひたすら泣きました。

ベスアの翌日の目が田口そっくりになってました。「目、開いてる?」(失礼)

KAT-TUNだって4人になってもそれでも大好きだと言っているファンがいるのに。

なんで?なんで?なんでだめなの?って。

でも時間が経って。

「まぁ・・・仕方ないか。」と少しずつ思えるようになりました。

思うしかなかったともいえるけど。

それはきっと、どんなときでも笑顔だった田口に救われたことが何度もあったから。

彼は空気が読めません。狙ったギャグはまったく面白くありません。

ドームにいる5万人くらいの人(しかもファン)を一斉にドン引きさせることが出来ます。(いいすぎ)

でも目がなくなって口角が上がっている彼の笑顔はほんとにあたしを救ってくれます。

ベスアの時に「なんだよ、あいつ一人すっきりした顔しやがって」っていうつぶやきを何度か見かけました。

そうでした?ほんとにそうでした?

口を真一文字に結んでまっすぐ前を見据える彼がほんとにそう見えましたか?

いつもはあんな顔しません。いつもはもっと口角があがって目が優しい。

リアルタイムで見たときはもう頭が真っ白になってしまってよく見てなかったけど、

後から見たら強い意志を持った顔のようにあたしには見えました。

こんなことがあってから自分が思ってたより、田口が大好きだったということ気づく。

4人になったから田口も好きだったんじゃない。

彼は気づかないうちに他担のあたしの心にも入り込んで大好きにしてくれていた。

それはきっと彼がずっとどんなことがあっても笑顔でいてくれたから。

脱退を発表してからの活動はきっと彼にとってはやりづらいことたくさんあったと思う。

やりづらそうな顔、たまにしてたよね。

それは仕方ないことだと思う人が多数だと思うし、あたしもそう思う。本人も思ってると思う。

だけど、仕方ないと思っていてもしんどくて辛い時ってある。

しんどくて参っちゃうこともあったよね。

精一杯頑張ってくれたよ。ありがとう。

誠意って、人によって違うから何が一番いいのかはわからないけど。

脱退を発表されてからの数ヶ月。

あたしは田口の誠意を確かに感じることが出来ました。

だからたくさんありがとうが言いたい。そしてこれから先もずっと笑顔でいてほしい。

仁や聖のように、姿を見かけることが出来るのかどうかはわからないけど、

簡単な想いで脱退を決めたわけじゃないってことだけは理解したい。

KAT-TUNに田口がいてくれてよかった。これからもどうか幸せでいてください。

入口出口田口。もっかいくらい一緒にしたかった・・・。

最後まで・・・KYな田口が腹立つ以上に愛しいです。

 

 

 田中聖

KAT-TUNのハイフンの次のT

彼は見た目のインパクトとは正反対で繊細でとても優しい人です。

そして寂しがりやで甘えた。

仁が抜けた時最初にファンにweb上で言葉をかけてくれたのは彼だったと記憶しています。

ファンの期待通りの言葉を発してくれる、それが彼でした。

とても熱い仲間思いな性格だからか、デビュー前の写真集で大の仲良しだったゆっちに対して、「中丸のことは命を懸けてでも守ってやりたい」的なことを言っていてそれを読んだときは少し「?」でしたが。笑。

・・・中丸さんて、いちばん命を狙われなさそうな人ですけども。笑。

そしてファンには「声出さねーと命はねーからな!!」と狙う側になっててカオス。笑

GOLDが始まったらイコール命を狙われるということ。

お金払ってて命を狙われるカオスさ。最高でした。←

あたしはRAPの声より彼の甘い歌声が大好きでした。

少しハスキーで、甘い声。

奇跡で当選したバックステージツアーで彼と握手した際に「ありがとね。」と言ってくれた声は今でも忘れていません。

5人最後でのツアーCHAINでもすごくファン思いの言葉をかけてくれて。

だからかな。

脱退メンバーで一番裏切られたと思ってしまったのが彼でした。

発表になったのはwebからのメール。

KAT-TUN担のメール恐怖症はここから始まったんではないでしょうか。

お風呂から出てスマホを見たら、とんでもないほどLINEの未読があって。

手が震えた。

いろんな女性とのうわさがあって、タトゥーもあって。

でもそんなのどうでもよかった。

KAT-TUNでいてくれるなら犯罪以外はプラベで何をしてくれててもいいって思ってた。

甘いと言われるかもしれないけれど、いなくなってもう会えなくなってしまうくらいなら。

一度でも脱退された傷は癒えることはないから何度でも蘇ってきて。

あんな思いをまたするくらいならいてくれさえくれればいい。

メンバーの悲しい顔を、謝罪を見るくらいなら。

でもそれは叶わなくて。

正直今でもこの子のことは消化不良かもしれない。

あの優しい言葉が嘘だったとは思えないし、その時は本当に思って言葉にしていたと思う。

もうほんとに・・・。

いろいろあったんだろうとしか言えない。

その中でいちばん願うのは・・・。

彼には彼の思う何かがあって、それに従ってとった行動がこういう結果になってしまっただけ。それがいいのか悪いのかは別として。

彼が通したい筋は一本筋として通ってたんだろう・・・と。

あたしは今でもそう信じてます。勝手だけど信じるしかあたしが救われないから。

 

 

 上田竜也

KAT-TUNのU

彼はダンスが苦手です。

新曲が発売になった直後の番組では、さすがにちゃんと踊っていますが、

2つめの番組あたりから崩れて、3つめの番組ではもう踊っていません。笑

以前、夏の歌番組でシャッフルユニットとして別Gの方々とチャンカパーナを踊っていましたが・・・

お手本のようなダンスで楽しく踊るWESTの重岡さんの隣で、見事にめちゃくちゃでした。

あたし二度見しました。「え?今のなに?」笑。

でもそれが、あたしの大好きな上田竜也です。

彼はあまり多くを語らないし、ちょっと独特なイメージもある人。

だけどすごく負けず嫌いで自分を持ってる。

好きなことにはすごく熱心で歌唱力もデビュー当時とは比べ物にならないし、ボクシングも未だにはまってる。(顔はやめて。顔は。笑)

 ・・・ダンスの件についてはフォローできません。(おい)笑。

彼は繊細で口下手だから、最初の頃は勘違いされることもあったと思う。

もうKAT-TUN担の中では知らない人はいないという、ショックの楽屋でのかめとのケンカ。

あれもきっと、熱い気持ちを持っていながらも幼かった彼の口下手さゆえのケンカなのかな・・・って思うと彼が愛しくなります。

正直、6人のときはそこまで目が行かなかった。っていうのが本音。

だけど人数が少なくなっていくうちに(おい言い方)見えてきたというか・・・

仁のときも、聖のときも。

ふと振り返ってみれば彼からの言葉ってあんまり覚えていなくて。(猛反省)

もちろん、メールやweb、ライブでのコメントは聞いてる。

ゆっちみたいに情報番組で発言したり、雑誌や新聞に取り上げられるのはだいたいかめだし。だけど。

今回の田口脱退に関しては彼の言葉がいちばん心に残りました。

「力不足でごめんなさい。」

辛かったです。

今回の件が、彼らの力不足だなんて思うファンなんていないと思う。

3人のコメントの中でこの言葉がいちばん悲しくて。辛くて。泣けた。

でもその後に

「前を向いてだなんて言えない。でもファンのみんなには笑っていてほしいんですよ。」

そんな風に言ってくれることであたしは救われました。

メンバーもファンも絶望的なときに、無理だとはわかっていても自分の笑顔を望んでくれている人がいるってすごく心強い。

M誌の10000文字でもたっちゃんの言葉はすごく響きました。

田口が脱退のことをメンバーに話し始めた会議室で怒鳴ったというたっちゃん。

だけど田口の目が虚ろだったことに気付いて冷静になれた。と。

そして彼自身も相当きつかったベスア。

その中でも彼はちゃんと田口の様子を見ていて。

「あいつキャパシティーがいっぱいいっぱいになって震えてたんですよ。」

あたしの中ではずっとやんちゃなイメージだった彼だったけど。

すごく周りを見てるんだなって。

年齢もあるかもしれないけどすごくオトナになっていて、上記に書いたような

チャンカパーナを踊れてない姿からは想像できませんでした。(まだ言う)

田口の様子を伝えることで、ファンのみんなへも安心感というか

「一緒だよ。田口も俺らも普通ではいられなかったんだよ。」って言ってくれたみたいで・・・。

今回はたっちゃんに本当に救われたなーって思います。

これからもっともっとたっちゃんが見たいです。

「デビューが決まったときにKAT-TUN以外の選択肢は全部捨てた」

そう言い切るたっちゃんが泣けるくらいオトコマエで大好きです。

たっちゃん!!すののさっくんもたっちゃんのこと好きだって!!嬉しいね!!

だから・・・ボクサーになることには断固反対です。(余計な心配)笑。

 

 

中丸雄一

KAT-TUNのN

出ました。オオトリ。笑。

あたしに10年以上も好かれている人。中丸氏すごい。(どういう意味)

彼に関しては・・・書くことがみつからないというか。(おい、担当)

むしろ何してても好きだから、中丸雄一が全部好きだから、

もうあたしの中で何が特別でどこをアピールすればいいのか・・・どこ?(おい)

ただ・・・言いたいことって言えば

KAT-TUNの中では一番「普通」でKAT-TUNっぽくないと思われがちな彼だけど。

ここぞとばかりに全く普通じゃないと声を大にしていいたい。

まず・・・

彼と言えばHBB(ヒューマンビートボックス)。

最初は聞けたもんじゃなかった。

でも今では「ん?今どこから声でた?いっこく堂?」ってなくらいすごいです。(例え方)

なんならボイパと同時に歌まで歌えます。声帯てんやわんや。

ちょっとすごすぎてあたしなんて鼻から声出そうになったことあります。(お前がてんやわんや)

あー。こればっかりは見てもらえないと説明難しい・・・。悔しい。

テレビでやってるのなんてほんの一部なのにーーーーー!!

次にひそかに早稲田卒。

あ!今「通信じゃん。」とか思った人いる?ねぇ?いる?いたでしょ?前出て!(しつこい)笑

通信てね!卒業するのがちょーーーーーー難しいんだよ!!

普通でも挫折する人が多いのに、ハードスケジュールの中、卒業するってすごい!!

・・・って、お友達が言ってた。(雑)笑。

努力家。そして頑固。やると決めたことは絶対にやる。

実は何でも出来て、ダンスも歌もなんでも平均点以上をたたき出す。

あ。高いところとお化け屋敷を除いて、です。笑。

表情があまり変わらないからか、あんまり彼からは喜怒哀楽を感じないという人もいるけど。

そういう方たちでも彼が一発で怒っているとわかった日がありました。

聖が抜けた直後に放送したシューイチ。

聖の脱退に対して怒りをあらわにする彼を見て。

あたしはまた惚れました。惚れ直すじゃなくて、惚れた。

あの怒りは聖に対してなんだけど、自分が裏切られたから怒っているわけではなく、

ファンの人たちを裏切ったことに対する怒りだったと思う。

普段温厚な人が怒ると怖いっていう、あれです。

でも田口のときはすっごい哀しそうな顔してたんだよなー。

あれ、辛かったなー・・・

メンバーが抜けるということももちろん辛いけど、大好きな人の哀しい顔を見ることが何より辛い。もう誰もこんな経験しないでほしい。

あたしはシューイチとかドラマとか、ソロでのお仕事のゆっちも好きだけど、

いちばん好きなのはKAT-TUNでいるときのゆっちです。

ちょっと偉そうになる。笑。

あまり黒が似合わなさそうな彼。

でもKAT-TUNに入るとばちっと黒が似合うオトコになる。

この10年で彼に笑顔にしてもらった回数は数えきれない。

彼のおかげで救われたことがどれだかあったか。

彼を好きになってマイナスになったのなんてお金くらいだ(リアル)笑。

とりあえず・・・前髪伸ばそうか?(失礼)

もしくはホットペッパーで眉毛サロン探す?(余計なお世話) 笑。

でも彼はあたしの、愛しくてしかたない自慢の担当です。

 

 

KAT-TUNを好きになって11年です。

あたしが好きになって1年くらいで彼らはデビューが決まりました。

嬉しかったです。

新聞も全部買って、あほみたいに違うバージョンがあったCDも全部買って。

デビューコンのツアーも行ける限り行きました。

あの頃は幸せで楽しくてどうしようもなくて、まさか10周年でメンバーが半分になっているなんて夢にも思いませんでした。

本当にいろんなことがあって、いろんな想いがあって、たくさん笑って泣いた10年だったけど。

今は全部ひっくるめてKAT-TUNが大好きです。

6人も、5人も、4人も、3人も。

 

KAT-TUNの曲であたしが大好きな曲「PROMISE SONG」。

 

FAREWELL 別々の道で同じ色の花をまた探そうよ

道に迷い くじけそうなときに しるしになるように

 

この歌詞が大好きです。

あたしは語彙力がないので、上手く説明できないのだけど・・・。

「離れ離れになっても、KAT-TUNという絆は一生消えない」

そんな歌詞な気がしてとっても好きです。

 

会報にゆっちが書いてくれた

「他のグループでは経験することのないような悲しい思いをさせてしまっている」

本当にそうだと思う。

だけど。

何かがあるたびに力の限り頑張る彼らを常に見てきたつもりです。

メンバーが抜けるなんて無いほうがいいに決まってる。

でもそれも全て意味の無い悲しさだなんて強がりだといわれようが思っていなくて。

おこがましいかもしれないけど、微力ながらも彼らをみんなと一緒に支えてきたという自信があります。

KAT-TUNがいてくれるだけでいい。

当たり前のことだと言われても、誰に何を言われようがもうそれだけでいい。

それくらいあたしは彼らと10周年を迎えることが出来て本当に嬉しいから。

シンプルにただ嬉しい。

彼らの行く未来にあたしも一緒にいたいです。

 

これから周年ツアーも始まるし、今の時点では充電期間の心構えは出来てないけど。

きっとこれからもあたしの日常にKAT-TUNは当たり前にあって、一緒に歳を重ねていくんだと思います。

 

 

10周年本当におめでとうございます。

たくさんのありがとうが言いたい。

そしてこれからもずっと「ありがとう」を言い合いたい。

KAT-TUNのファンであたしは幸せいっぱいです。